タトゥーがあると脱毛NG?タトゥーを入れている人が脱毛する方法と注意点

最近ではお洒落としてタトゥーを入れている人が増えてきており、若者を中心にファッションの一部として取り入れられていますが、実は「光脱毛」とタトゥーは相性がよくありません。

このページでは、タトゥーと脱毛の相性が悪い理由とタトゥー部分を脱毛する方法を紹介していきます。

タトゥーを入れている部分は脱毛できない

タトゥーと光脱毛は相性がよくないとされる理由は、照射した光がタトゥーが彫り込まれた皮膚部分に吸収されてしまうためです。

タトゥー部分に光が吸収されるデメリット
  • 火傷を引き起こす可能性がある
  • タトゥーの色が薄くなる可能性がある

火傷を引き起こす可能性がある

タトゥー部分に脱毛がNGな一番の理由は、火傷のリスクが高くなることがあります。光脱毛ではメラニン色素に反応する光波長を照射しムダ毛に熱を与えることで脱毛効果を発揮します。

タトゥー部分に光を照射するとタトゥーのインクに対して反応し皮膚表面に高温の熱を発生させてしまい、その結果肌へのダメージがあり火傷を引き起こす可能性が高まります。

タトゥーの色が薄くなる可能性がある

タトゥー部分に光を照射すると、インク部分が変色したり色が薄くなる可能性があります。せっかく彫り入れたタトゥーのデザインへの影響を考慮しても、タトゥー部分への脱毛施術は避けた方が無難です。

また、タトゥー部分に光を照射してかさぶたができた場合、かさぶたがはがれた時にインクも一緒に落ちてデザインが変化してしまうリスクも存在します。

タトゥーを入れる前に脱毛をするのがベスト!

現在主流の脱毛方法である、光脱毛やレーザー脱毛はタトゥーとの相性がよくありません。そのため、ムダ毛が濃い人で将来的にタトゥーを入れることを考えている人は事前に脱毛を済ましておくことをおすすめします。

タトゥーを入れる前に毛について考えてみましょう
  • タトゥー部分は光やレーザーを利用した脱毛ができない
  • ムダ毛が気になるなら、タトゥーを入れる前にツルツルにしておく

ワンポイントのタトゥーであれば脱毛できる?

タトゥー部分は光脱毛の施術はできませんが、タトゥーが入っていない部分については問題なく施術を受けることができます。 体の一部にワンポイントとして入れた小さなタトゥーであれば、保護シールを貼ることで対処できることがあります。ただし、細かい模様に合わせてシールを貼ることは現実的ではありませんので、丸形や四角形などの大まかな形で対応可能だと理解して頂ければと思います。

ワンポイントであっても、腕やスネ部分など肌の露出が大きい部位にタトゥーを入れる場合は、事前に脱毛を完了させておく方が仕上がりが綺麗になりますよ。

タトゥー部分を脱毛する2つの方法

タトゥーを入れている部分には光脱毛やレーザー脱毛ができない理由を解説しましたが、やはりムダ毛をどうしても脱毛したいと思う方もおられるでしょう。 次にタトゥー部分を脱毛するための方法を紹介します。

タトゥー部分を施術可能な脱毛方法
  • ニードル脱毛(針脱毛)
  • ワックス脱毛

ニードル脱毛(針脱毛)

ニードル脱毛はムダ毛1本づつ毛穴に針を挿し込んで、電流を流すことで毛の細胞を破壊する脱毛方法で、光脱毛が登場するまでは主流だった脱毛方法でした。 光脱毛やレーザー脱毛と違い、毛の奥に対して直接アプローチする脱毛方法なので、タトゥーを有無による影響はありません。

ニードル脱毛のメリット・デメリットはこちら

  • 1度で脱毛の効果が実感できる
  • 日焼け肌やタトゥー部分も問題なく脱毛できる
  • 白髪やほくろでも脱毛できる
  • 細かい部分の脱毛が得意
  • かなり強い痛みがある
  • 手間がかかるので料金も高額になる
  • 広範囲の脱毛は長時間の施術になる
  • 肌トラブルを引き起こす可能性が高い
  • 施術者の技量が大きく左右する

ニードル脱毛はタトゥー部分でも問題なく脱毛施術を受けることができます。ただし、強い痛みや高額な料金、施術時間が長いなどデメリットも多数存在するので、脱毛前に検討しましょう。

身体の一部にしかタトゥーを入れていない方は、タトゥー部分はニードル脱毛をしてタトゥーを入れていない部分は光脱毛をするなど、脱毛方法を組み合わせるとデメリット部分を抑えれるでしょう。

ワックス脱毛

ワックス脱毛は脱毛したい部分に脱毛用のワックスを塗って、ワックスと一緒にムダ毛を剥がしとる脱毛方法です。毛抜きと同じ原理なのでワックス脱毛を受けたその場でツルツル状態に仕上がるのが特徴です。 タトゥーは皮膚の真皮に色を入れるので、ワックスの影響はなくムダ毛のみ綺麗に処理することができます。

ワックス脱毛のメリット・デメリットはこちら

  • 一度の施術でツルツル状態になる
  • 脱毛時間が短い
  • 1回の施術で広範囲のムダ毛処理が可能
  • 粘膜に近い部分の脱毛も可能
  • 古い角質も一緒に剥がすことができる
  • タトゥー部分も問題なく処理できる
  • 継続した脱毛効果はない
  • 2~3週間隔で施術を続けないといけない
  • ムダ毛を1㎝程度のばす必要がある
  • ワックスを剥がす時に強い痛みがある
  • 埋没毛のリスクがある
  • 肌へのダメージが大きい

ワックス脱毛もタトゥー部分のムダ毛を処理できる方法になります。 ですが、ワックス脱毛は痛みも強く効果の持続性もありませんので、一時的にムダ毛を処理したい方以外にはあまりおすすめできません。 肌へのダメージも大きい脱毛方法になるので、ワックス脱毛後は肌の保湿や日焼けをしないなど肌ケアを入念に行いましょう。

まとめ

ここまでタトゥーと脱毛の関係について解説しました。 タトゥー部分に光脱毛やレーザー脱毛はできません。

タトゥー部分に脱毛できない理由
  • 火傷を引き起こす可能性がある
  • タトゥーの色が薄くなる可能性がある

タトゥー部分を脱毛する方法は2つ

タトゥー部分を脱毛する方法
  • ニードル脱毛(針脱毛)
  • ワックス脱毛

ただしデメリットも多い脱毛方法なので注意が必要です。

将来的にタトゥーを入れようと思っている方は、事前に脱毛を済ましておくことをおすすめします。すでにタトゥーを入れている方は、ニードル脱毛+光脱毛またはレーザー脱毛の組み合わせを検討されてみてはいかがでしょうか。

執筆者:小林(店長)

脱毛歴6年の自身の経験や、数多くのお客様の施術をした経験を活かして、皆様の気になるメンズ脱毛やヒゲ脱毛に関する情報をご紹介します!
店長の詳細情報はこちら

関連記事

PAGE TOP