メンズ脱毛と毛周期の関係を大分男性脱毛TREZE HOMMEが解説します。

脱毛と毛周期の関係

脱毛と毛周期の関係

脱毛と毛周期の関係
メンズ脱毛をする上で密接な関係があるのが"毛周期"になります。効果的かつ効率的に脱毛をする為にも、毛周期について理解を深める事が重要です。
毛周期はヘアーサイクルとも呼ばれ、毛が生え変わるまでの期間を指し個人差はありますが、性別や年齢関係なく全ての人に存在しています。
毛は性質の違う3つのサイクルが繰り返されることで生え変わっていますので、それぞれのサイクルについて説明していきます。

毛の休止期
毛の休止期は毛穴から毛が生えていない状態になります。
ここでは、毛の種がこれから生えてくる為の準備をしている段階になり、しばらく時間が経つと新しい毛が成長してきます。

永久脱毛の定義

永久脱毛の定義


毛の成長期
毛の成長期は毛穴から毛が生え、毛が伸びている状態になります。
成長期の毛は毛母細胞が活発に働いている状態なので、毛を引っ張ってもなかなか抜けない強い毛になります。

毛の退行期
毛の退行期は毛穴から毛が生えている状態にはなりますが、毛母細胞の働きが止まる時期の為、いわゆる抜け毛となり弱い毛となって自然に抜けていきます。

永久脱毛は医療機関

永久脱毛は医療機関

脱毛の効果があるのは成長期の毛だけ!?
ここまで毛周期について解説していきましたが、具体的に毛周期と脱毛がどのような関係があるのかが疑問の方も多いと思いますので、脱毛と毛周期の関係について詳しく説明していきます。
現状様々な脱毛方法がありますが、実際に脱毛の効果がある毛は"成長期"の毛のみになります。
光脱毛やレーザー脱毛では、黒い毛に反応する特殊な光を照射する脱毛方法なので、そもそも毛が生えていない休止期の毛に脱毛効果を出すことは出来ません。
また、毛が生えている退行期の毛も抜ける途中の毛なので、光・レーザーによる熱を毛の奥まで届けることが出来ず、脱毛効果はありません。
ニードル脱毛に関しても、生えている毛に沿って電気針を入れる脱毛方法になるので、"成長期"の毛にしか脱毛アプローチが出来ないのが現状です。

脱毛しても意味がない?

脱毛しても意味がない?

メンズ脱毛を効率的に進めるには
ここまでで"成長期"の毛にしか脱毛効果がない事について、ご理解頂けたかと思います。成長期の毛は身体から生えている毛の内、数%~数十%になる事から、脱毛は一度では終わらない理由となります。
成長期の毛に効果的に脱毛施術を行う為には、1ヵ月~2ヵ月に一度のペースでご来店頂き、施術を受けることが重要になってきます。
脱毛施術の回数は、多すぎても少なすぎてもあまり意味がなく、個人に合った適切なペースで施術を受けることで満足した効果を上げることが出来ます。

・大分県大分市でメンズ脱毛をお考えの方は"TREZEHOMME"へ
TREZEHOMME(トレッゼオム)は大分でも数少ない男性脱毛を専門としています。
大分でヒゲ脱毛や全身脱毛をお考えの方は、経験豊富な男性スタッフが在籍する"TREZEHOMME"へご相談ください。
無料カウンセリング時にお客様それぞれに合った、脱毛プラン・脱毛施術の方法をご案内致します。