【超重要】毛周期は脱毛回数と期間に関係あり

毛周期は脱毛効果を左右し回数や期間と密接な関係

脱毛に興味がある方の中には、「毛周期」という言葉をお聞きしたことのある人も多いのではないでしょうか?
メンズ脱毛をする上で密接な関係があるのが「毛周期」になります。効果的かつ効率的に脱毛をするためにも、「毛周期」について理解を深める事が重要です。
しかし、「毛周期とは何者なのか?」「なぜ毛周期が重要なのか」について疑問に思いますよね。
本記事では、毛周期が脱毛と関係する理由を解説していきます。

毛周期とは?

毛周期(ヘアーサイクル)のイメージ図

毛周期はヘアーサイクルとも呼ばれ、毛が生え変わるまでの期間を指し個人差はありますが、性別や年齢関係なく全ての人に存在しています。
毛は大きく3つのサイクルに分かれ「成長期→退行期→休止期」と毛が成長し伸びる段階から、抜け落ちるまでの期間を毛周期と呼びます。
何もしていないのに髪の毛が抜けたり、トイレで陰毛が落ちた経験があると思います。これは、成長を終えた毛が休止期に入ったためです。

毛の成長期

毛周期(成長期の図)

毛の成長期は毛穴から毛が生え、毛が伸びている状態になります。
成長期初期:毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、皮膚の中で毛が生え始めます。
成長期中期~後期:皮膚の表面から毛の先端が出てきて一定の長さまで伸びていきます。
成長期の毛は毛母細胞が活発に働いている状態なので、毛を引っ張ってもなかなか抜けない強い毛になります。

毛の退行期

毛周期(退行期の図)

毛の退行期は毛穴から毛が生えている状態にはなりますが、毛母細胞の働きが止まる時期です。
いわゆる抜け毛となり、やせ細り弱くなった毛が自然に抜けていきます。

毛の休止期

毛周期(休止期の図)

毛の休止期は毛穴から毛が生えていない状態になります。
働きが停止していた毛母細胞が、時間の経過とともに活発になり始めます。

脱毛の効果があるのは成長期の毛だけ!?

脱毛の回数と体毛の減少イメージ図

ここまで毛周期について解説していきましたが、具体的に毛周期と脱毛がどのような関係があるのでしょうか?
脱毛と毛周期の関係について詳しく説明していきます。

現状様々な脱毛方法がありますが、実際に脱毛の効果がある毛は"成長期"の毛のみになります。
光脱毛や医療レーザー脱毛は毛の黒い色素(メラニン)に反応させる脱毛方法なので、そもそも毛が生えていない休止期の毛に脱毛効果を出すことは出来ません。
また、毛が生えている退行期の毛も抜ける途中の毛なので、光やレーザーが十分に反応せず、本来の効果を発揮できません。
ニードル脱毛に関しても、いま生えている毛に沿って電気針を入れる脱毛方法になり、成長期の毛にしか脱毛アプローチが出来ないのが現状です。

身体の部位ごとの毛周期一覧

毛周期 脱毛ペース
頭髪 2年~6年
顔・ヒゲ 2年~5年 2週間~1ヵ月
6ヶ月~8か月 1ヵ月~3ヵ月
ワキ 8ヵ月~2年6ヶ月 1ヵ月~3ヵ月
上半身(胸・腹) 8ヵ月~1年6ヶ月 1ヵ月~3ヵ月
6ヶ月~8か月 1ヵ月~3ヵ月
VIO(陰部) 1年~2年 1ヵ月~2ヵ月

成長期に合わせた脱毛ペースが最適

効率よく脱毛を受けるためには、成長期の毛が一番多いタイミングで施術を受ける必要があります。
しかし、毛周期は身体の部位や毛穴にとってバラバラで、すべての毛が成長期のタイミングになることはありません。
ですが「成長期の毛が多くなるタイミング」を狙うことは可能です。
いま生えている毛の中でも成長期の約5%~15%ほどになります。つまり1回の脱毛施術で効果がある毛は約1割になり、単純計算で10回の脱毛が必要になります。
体毛の場合だと平均2ヵ月に1回のペースで施術を受けると効率よく、成長期の毛が多いタイミングで脱毛が可能です。

大分県大分市でメンズ脱毛をお考えの方はTREZE HOMMEへ

毛周期や脱毛後の毛の生え方には個人差が出ます。
この点はどうしても調整できないことになりますので、当店では最適な脱毛タイミングを決める上でも、お客様とのコミュニケーションが重要だと考えております。
生えてくる毛の太さやスピード、しぶとい箇所をしっかりとお聞きすることでより完璧に近い脱毛に近づけるよう努めております。

執筆者:小林(店長)

脱毛歴5年の自身の経験や、数多くのお客様の施術をした経験を活かして、皆様の気になるメンズ脱毛やヒゲ脱毛に関する情報をご紹介します!
店長の詳細情報はこちら

関連記事

PAGE TOP