【徹底解説】脱毛の種類とメリット・デメリット

脱毛の定義

大分の男性で脱毛と言えば何をイメージしますか?
ワックス脱毛、除毛クリーム、ニードル脱毛、光脱毛、レーザー脱毛、毛抜き等々、現在の世の中には除毛や脱毛と呼ばれるサービスや商品が沢山あります。
女性に比べ美容の知識が少ない男性にとっては、何が脱毛なのか分からない状態の方も多いと思います。

除毛と脱毛は似ているようで全くの別物です

除毛とは

カミソリによる剃毛、除毛クリーム、ブラジリアンワックス脱毛などが除毛に該当します。除毛は処理後はすぐに毛がない状態になる反面、一時的な効果しかなく一定の期間が経過するとチクチクとした毛が生えてきます。
また、長期間繰り返して除毛行為を続けると毛のトラブルや肌トラブルに繋がる可能性があります。

脱毛とは

光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛(医療脱毛)、ニードル脱毛が脱毛に該当します。毛に対して熱エネルギーを加える事でムダ毛そのものを生えにくくしたり、生えなくする行為が脱毛になります。こちらは、完了するまでに期間は必要にはなりますが、根本的にムダ毛を処理したい場合やヒゲ剃りを無くしたい方に適した方法になります。
本記事では脱毛の種類「ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛」のメリットとデメリットを解説します。

ニードル脱毛

脱毛方法①ニードル脱毛

ニードル脱毛は「医療針脱毛」「絶縁針脱毛」「電気針脱毛」とも呼ばれ、特殊な加工がされた針を用いて脱毛を行います。歴史の古い脱毛方法になり約130年以上前から行われたと言われており、米国食品医薬品局(FDA)からも「針脱毛による脱毛は永久脱毛である」と認可されています。
脱毛の仕組みは毛穴に絶縁針と呼ばれる専用の針を挿入し、高周波の電流を毛穴に流すことによって、毛根にダメージを与え毛の先端である毛乳頭や毛母細胞を破壊し、毛が再生することを阻止する脱毛方法になります。

メリット

  • 本当の意味での永久脱毛が可能※後述するレーザー脱毛も永久脱毛のカテゴリには入りますが、現状では脱毛実績や期間のエビデンスが少ないです
  • 白髪や産毛にも脱毛効果を発揮できる
  • 日焼け肌への脱毛施術が可能
  • 涙袋や眉毛など光脱毛やレーザー脱毛で照射できない部位への脱毛が可能

    デメリット

  • 毛穴に針を挿入するので強い痛みがある
  • 1本あたり〇円と計算するケースが多く、脱毛料金が高額
  • 施術時間が非常に長時間になってしまう
  • 毛穴に針を挿入するので感染症への注意が必要

    ニードル脱毛まとめ

    ニードル脱毛は毛の種類や肌の状態に関係なく脱毛施術が可能な、確実性の高い脱毛方法と言えます。
    しかし、施術者の技量によって痛みや施術時間が大きく左右されますので注意が必要です。
    ニードル脱毛をオススメする男性はこちら

  • 光脱毛やレーザー脱毛をしたが満足する効果が得られなかった方
  • ヒゲのデザイン脱毛や眉毛の脱毛など特定の範囲を脱毛したい方
  • どうしても永久脱毛を受けたい方

    レーザー脱毛

    脱毛方法②レーザー脱毛、医療脱毛

    レーザー脱毛は「医療脱毛」とも呼ばれ医師監督の下、医療従事者が脱毛施術を行うため、皮膚科クリニックや美容クリニックでしか脱毛を受ける事ができません。
    レーザー光は波長の長さによって特定の色に反応する性質があります。
    レーザー脱毛はこの性質を活かし、毛の黒い部分(メラニン色素)に反応する波長のレーザー光を照射し、レーザー光のエネルギーを毛に吸収させる事で毛の根本に熱を加え毛乳頭を破壊しています。

    レーザー脱毛は3種類に分かれる

    レーザー脱毛は波長によって、「YAGレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」の3種類に分かれます。
    YAGレーザーは波長が1064㎚と長い波長になり、皮膚深くまでアプローチをすることが可能です。濃い毛や太い毛に効果的な波長になるので、男性のヒゲ脱毛に特に効果的です。
    アレキサンドライトレーザーは波長が755㎚になり、毛の黒い部分であるメラニン色素に良く反応します。高出力で一気に熱エネルギーを加えることが可能です。
    ダイオードレーザーは波長が800㎚になり、レーザー照射時の痛みが少ないことが特徴です。最近ではダイオードレーザーによる脱毛が増加しており、痛みが苦手な方でも医療脱毛が始めやすくなっています。

    メリット

  • 高出力のレーザー光を照射するので比較的効果を早く実感できる
  • 永久脱毛を受けることが可能※レーザー脱毛の歴史は約30年ほどなので、効果の持続期間などのデータは少ないのが現状です
  • クリニックなので、医師・医療従事者による施術が受けられる

    デメリット

  • ヒゲや濃い体毛などメンズ脱毛は痛みを感じやすい
  • 回数あたりの料金が高い
  • 女性スタッフが施術対応する場合がほとんど
  • 火傷や毛嚢炎など肌トラブルのリスクが存在する

    レーザー脱毛まとめ

    レーザー脱毛は医療機関でしか受けることができない脱毛方法ですので、医師の診断が欲しい方に向いていると言えます。
    脱毛効果も比較的高くはなりますが、レーザー脱毛機の種類によっては満足した効果が実感できない事もありますので、何の種類のレーザー脱毛機が置いてあるかもチェックする必要があります。
    レーザー脱毛がオススメの男性はこちら

  • 痛みに強く短期間で脱毛を完了させたい方
  • 医療脱毛しか受けたくない方
  • 光脱毛で思うような脱毛効果が出なかった方

光脱毛

脱毛方法③光脱毛

光脱毛は「フラッシュ脱毛」とも呼ばれ、毛の黒い部分(メラニン色素)に反応する波長が含まれた特殊な光を照射します。
毛の黒い部分に反応した光は、毛の根本に熱エネルギーを加え何度も繰り返すことで、毛を弱らせ再生スピードを遅らせます。

光脱毛は3種類に分かれる

光脱毛は機械によって「IPL脱毛」「SHR脱毛」「SSC脱毛」の3種類に分かれます。
IPL脱毛は「インテンスパルスライト」の略称で、太く濃い毛によく反応する特性があります。
そのため男性の強いヒゲや体毛に適した脱毛方法になり、一度で広範囲の照射および効果的な脱毛が可能です。
SHR脱毛は「スーパーヘアーリムーバル」の略称で「蓄熱式脱毛」とも呼ばれます。こちらは毛の根本より浅い部分にある、バルジ領域と呼ばれる部位に熱エネルギーを蓄積させ毛を弱らせる脱毛方式になります。
SSC脱毛は「スムーススキンコントロール」の略称でビーンズジェルと呼ばれる特殊なジェルを塗布した部位にクリプトンライトを照射すると、ビーンズジェルに含まれるトレジャービーンズという粒が弾け、毛母細胞に作用して制毛・抑毛効果のあるフィニリーブと呼ばれる成分が毛穴に浸透します。

メリット

  • 照射パワーを調整しているため痛みが少ない
  • 肌トラブルへ繋がるリスクが小さい
  • レーザー脱毛に比べ脱毛料金が低い
  • 医療脱毛に比べ脱毛プランが豊富な場合が多い

    デメリット

  • レーザー脱毛に比べ脱毛完了までに回数が多くかかる
  • 永久脱毛のカテゴリには入らない

    光脱毛まとめ

    光脱毛は比較的痛みが少ない脱毛方法になり、女性に比べ痛みに弱い男性に向いています。しかし、脱毛方式や脱毛機の性能によって脱毛効果に大きく差が見られるので、脱毛料金だけで選ばず十分な脱毛効果や脱毛実績があることを確認するようにしましょう。

    光脱毛がオススメな男性はこちら

  • 脱毛の痛みを少なくしたい方
  • 低予算で脱毛を行いたい方
  • アトピー性皮膚炎などお肌の弱い方

    脱毛方法比較表

    ニードル脱毛 レーザー脱毛 光脱毛(当店の脱毛方法)
    場所 医療クリニックまたはサロン
    ※永久針脱毛の場合は医療機関のみ
    医療クリニックのみ 医療クリニックまたは脱毛サロン
    脱毛施術の痛み 強い痛みが 強い痛み 痛みは少ない
    肌へのリスク 施術後の炎症や腫れ 火傷や毛嚢炎 ほぼリスクなし
    脱毛料金 1本あたりの金額で計算なので、
    広範囲の脱毛は高価になる傾向にある
    一回当たりの単価が高い 比較的安く脱毛を行える
    脱毛効果 効果を実感しやすい 効果を実感しやすい 部位により効果の実感が異なる
    脱毛期間(目安) 約6ヵ月~1年 約6ヵ月~1年半 約1年~2年
    施術頻度 1ヵ月~2カ月/回 2ヵ月~3カ月/回 2週間~2ヵ月/回
    白い毛への施術 脱毛効果あり 脱毛効果なし 脱毛効果なし

大分でメンズ脱毛をお探しの男性はTREZE HOMMEへお任せください

大分のメンズ脱毛は光脱毛がオススメ

メンズ脱毛TREZE HOMME大分店では、痛みを最小限に抑えた脱毛機を導入していますので痛みに弱い男性でも安心してメンズ脱毛を受けて頂くことが可能です。
また、ヒゲ脱毛モードを搭載するなど男性の太く強い毛にも対応した脱毛機ですので、他店で脱毛効果に満足できなかった経験をお持ちの方にも、自信を思って脱毛対応が可能になりました。
メンズ脱毛の経験豊富な男性スタッフが、あなたのお持ちのお悩みをお聞きしますのでお気軽にご相談ください!

執筆者:小林(店長)

脱毛歴5年の自身の経験や、数多くのお客様の施術をした経験を活かして、皆様の気になるメンズ脱毛やヒゲ脱毛に関する情報をご紹介します!
店長の詳細情報はこちら

関連記事

PAGE TOP