【脱毛クリームは危険?】手軽な自己処理の注意点

脱毛クリームとは

脱毛クリームとは

ムダ毛を処理したいと考えた時、毛抜き、抑毛ローション、カミソリ、脱毛サロンの利用など、様々な自己処理の方法があります。
その中でも、自己処理の一つである「脱毛クリーム」について今回は詳しく解説していきます。
脱毛クリームは手軽かつ低予算で始めることができる、ムダ毛処理の一つです。
そんな手軽な脱毛クリームですが、安全に使用するためのポイントをまとめましたので、脱毛クリームを使用中の方はぜひご覧ください。

脱毛クリームで除毛できる仕組み

毛の主な主成分はたんぱく質になります。脱毛クリームにはこのたんぱく質を溶かすための有効成分が配合されています。一般的な成分として「チオグリコール酸カルシウム」と呼ばれるものが、ムダ毛を取り除くための成分として有名です。
ですので、脱毛クリームの使用=毛を抜くではなく、正しくは毛を溶かすことでムダ毛を除去します。

脱毛クリームの使い方

脱毛クリームの使い方は簡単です。清潔にした肌の上に脱毛クリームを1~3ミリ程度の厚さに塗り、おおよそ15分ほど待機してからクリームを洗い流すだけです。
自宅で簡単に処理できるうえ、すぐに毛の処理が可能なので「急遽プールに行く予定ができた!」という場面でも安心です。
脱毛クリームは塗った場所の毛をまとめて溶かすことが可能なので、一度の使用で毛を減らすことができます。

脱毛クリームの効果期間

簡単に使用できるなら脱毛クリームを使えばいいのでは?と思われた男性もいるかもしれません。
しかし、脱毛クリームは「いま生えている毛を溶かす効果」しかありませんので、一定期間が経過すると新たな毛が生えてきてしまいます。
あくまでも、ツルツル状態を維持するためには脱毛クリームを使い続ける必要があります。

脱毛クリームのメリット・デメリット

脱毛クリームのメリット・デメリット

脱毛クリームのメリットとデメリットを紹介していきます。

脱毛クリームのメリット

  • 自宅で手軽に処理できる
    脱毛クリームはAmazonなどのネット通販や薬局で手軽に購入することができます。
    自宅のお風呂場で使用するので、誰にもバレずに試すことができるも始めやすいキッカケです。
  • 即効性がある
    使用方法も肌に塗って15分後に洗い流すだけですので簡単です。
    次の日に予定が…とお急ぎの方でもすぐに効果が表れるのがポイントです。
  • 産毛や太い毛にも効果あり
    脱毛クリームは毛を溶かすので、毛の太さや長さによる効果の差はほとんどありません。
    産毛までしっかり綺麗になるので、近くで肌を見られても安心です。
  • 短期間のコスパが高い
    脱毛サロンや医療脱毛に比べると一回当たりの単価はかなり低いです。
    脱毛効果もすぐに分かるので、短期的なコストパフォーマンスは高い自己処理方法になります。

脱毛クリームのデメリット

  • あくまでも効果は一時的
    脱毛クリームは正しくは脱毛ではなく、除毛効果を発揮する物です。そのため、使用後も1週間~3週間ほどで次の毛が生えてきます。ツルツル状態を維持するためには定期的に脱毛クリームを使用し続ける必要があります。
  • 肌へのダメージがある
    脱毛クリームの働きは、「たんぱく質を溶かす」ということです。この働きは毛だけではなく肌に含まれるたんぱく質も溶かしてしまいます。
    そのため、脱毛クリームを使用し続けることで肌へのダメージが蓄積され、肌の赤みやかゆみなど副作用を引き起こす可能性があります。脱毛クリーム使用後に肌へ異常が感じられた場合は使用を中止し、皮膚科医へすぐに相談してください。
  • 敏感肌の人には使えない
    脱毛クリームには少なからず肌へのダメージがあります。
    そのため、アトピー性皮膚炎の方など肌が弱い方は炎症が起きやすく使用が出来ない場合が多いです。どうしても脱毛クリームを使用する必要がある場合は、事前にパッチテストを行い安全を確認するようにしてください。
  • 長期間しようするとコスパが悪い
    商品にもよりますが、脱毛クリームは平均2,000円~5,000円程度の価格になります。こちらは1回あたりの自己処理費用としては安価になります。
    しかし、脱毛クリームは使い続けないと意味がなくリピート買いするでしょう。
    1回の金額が安くても何十回も購入を繰り返すと、トータル費用では10万円以上になっていることも珍しくありません。

脱毛クリームを使うと毛が濃くなると噂?

「脱毛クリームを使うと毛が濃くなる」との噂がありますが、脱毛クリームの使用で毛が濃くなることはありません。脱毛クリームでの処理後に生える毛は、良くも悪くも脱毛クリームの影響を受けません。次に生えてくる毛も太さは同じです。
「毛が濃くなる」との噂は、脱毛クリームを使用してツルツル状態になった肌からまたムダ毛が生えてくることから、毛が濃くなったように見えているだけでしょう。

除毛と脱毛の違い

脱毛と除毛の違い

「除毛」と「脱毛」言葉は似ていますが、意味が大きく異なります。それぞれの言葉の意味は以下の通りです。
「除毛」:毛を取り除くこと。
脱毛クリームは一時的に毛を取り除く除毛に当てはまります。
「脱毛」:毛が抜けること。毛を取り去ること。
脱毛サロンで行う光脱毛や医療クリニックでのレーザー脱毛がこちらに当てはまります。

除毛と脱毛のメリット

「除毛」と「脱毛」のメリット・デメリットを紹介します。自分がムダ毛処理を行う際にどちらを選ぶ方が良いか判断しやすくなります。

除毛のメリット

  • 即効性がある
  • 1回あたりのコストパフォーマンスが高い
  • 必要な費用が安い
    脱毛クリームで行う除毛処理は、2,000円~5,000円程度の予算で全身のムダ毛を綺麗に除去することが可能でコストパフォーマンスが高いです。
    また、自宅で手軽に使用することができるので、「明日プールに行くことになった」など急な予定にも間に合うようにムダ毛処理ができます。

脱毛のメリット

  • 長期的に見た場合の肌への刺激が少ない
  • ムダ毛処理後の継続性が高い
  • 背中や足の裏など自己処理が難しい部位も綺麗にできる
    脱毛のメリットとしては、肌へ与える刺激を最小限にして全身のムダ毛を処理できる点です。
    また、一度脱毛が完了すると自己処理が不要になるケースがほとんどです。
    ムダ毛が生えるたびに使用する脱毛クリームに比べると、圧倒的に自己処理が必要な回数を減らすことができます。

除毛と脱毛のデメリット

除毛のデメリット

  • 自己処理の頻度が多くなり肌荒れに繋がる
  • 肌が弱い人には向いていない
  • 長期的な使用はコストパフォーマンスが悪い
    除毛の効果は一時的なものになり、綺麗な肌を維持するには定期的な処理が必要になります。脱毛クリームはたんぱく質を溶かす成分が含まれるので、長期間使用することで肌荒れやかゆみを引き起こす原因となります。
    顔やVIOはデリケートなため、脱毛クリームの使用はオススメできません。

脱毛のデメリット

  • まとまった費用が必要
  • 脱毛サロンへ定期的に通う必要がある
  • 即効性はない
    脱毛のデメリットの1つは、除毛に比べまとまった費用が必要になる点です。
    また、ムダ毛を処理しきるまでにある程度の期間が必要で、実際に脱毛サロンへ通う必要があるため、面倒だと感じられる人も少なくありません。

除毛と脱毛どちらを選ぶ?

除毛と脱毛どっちを選ぶ?

脱毛クリームは安く手軽にムダ毛の処理が可能で、すぐに効果が出るのが魅力的です。
ですが、その効果は一時的でツルツル状態を維持したい人は、定期的にクリームを塗る処理をする必要があります。
また、肌が弱い人や長期間使用すると肌荒れやかゆみを引き起こす可能性があるので、使用前にはパッチテストを行うなど、自分の肌に合ってるのか?をしっかり確認しましょう。
脱毛は費用と時間が必要になる反面、一度完了してしまうと定期的な自己処理がほぼ不要になるメリットがあります。
脱毛サロンへ通えば、脱毛専門のスタッフがあなたの肌を確認し、最適な脱毛方法をアドバイスしてくれるのも安心なポイントの1つだと思います。
脱毛クリームを長期的に使用することと比較すると、予算を抑えられ肌へ与える影響も少なくなるので、ムダ毛にお悩みの方は脱毛を検討されてはいかがでしょうか?

執筆者:小林(店長)

脱毛歴5年の自身の経験や、数多くのお客様の施術をした経験を活かして、皆様の気になるメンズ脱毛やヒゲ脱毛に関する情報をご紹介します!
店長の詳細情報はこちら

関連記事

PAGE TOP