【リスクあり?】アトピー肌へのメンズ脱毛

アトピー肌へのメンズ脱毛は可能か?

アトピー肌へのメンズ脱毛は可能?
そもそも、アトピー性皮膚炎ってどんな病気?メンズ脱毛は可能なの?の疑問を解決しましょう!

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。アトピー性皮膚炎では、皮膚の“バリア機能”(外界のさまざまな刺激、乾燥などから体の内部を保護する機能)が低下していることが分かっています。そのため、外から抗原や刺激が入りやすくなっており、これらが免疫細胞と結びつき、アレルギー性の炎症を引き起こします。また、かゆみを感じる神経が皮膚の表面まで伸びてきて、かゆみを感じやすい状態となっており、掻くことによりさらにバリア機能が低下するという悪循環に陥ってしまいます。

引用元:国立成育医療研究センター

アトピー肌へのメンズ脱毛は可能?

アトピー性皮膚炎をお持ちの男性が1番気になっているのは、実際にメンズ脱毛の施術が受けられるのか?という部分だと思います。
結論から申すと、”アトピー肌へのメンズ脱毛は可能”です
ただし、お肌の状態が日々変化し、季節や体調によって症状が様々です。
お肌の状態によっては施術できない場合がありますので、ご理解ください。
メンズ脱毛が受けれない可能性もありますので、次で解説していきます。

アトピー肌でメンズ脱毛施術が受けれないケース

基本的にはアトピー肌でも脱毛施術は可能です。しかし、お肌の状態によっては当日施術が難しいケースもございます。
具体的にどのような場合に脱毛が出来ないかをご紹介します。

  • 皮膚の炎症が強い場合
    アトピー性皮膚炎は季節や体調によって症状の程度が異なります。脱毛施術当日に炎症が強く出ている場合やアレルギー反応を起こしている場合は、メンズ脱毛施術をお受けすることが出来ません。
  • お薬の服用・塗布
    アトピー性皮膚炎の治療では、ステロイド外用などの治療薬が広く使用されています。
    ステロイド外用薬など、アトピー肌治療のため薬を服用・塗布している方への脱毛施術はできません。
    現在、薬を利用中の方は必ずサロンスタッフへお伝え頂くようお願いします。
  • 掻きむしって傷がある
    アトピー性皮膚炎の症状の1つに皮膚のかゆみがあり、無意識にかきむしってしまう場合があります。皮膚をかきむしると、肌に傷がつき赤みや出血してしまします。
    傷がある部位への施術はできませんのでご注意ください。
  • 色素沈着が見られる箇所
    アトピー性皮膚炎の症状が続くと、皮膚の色素沈着が見られます。
    脱毛サロンや医療クリニックで行われる脱毛は黒い色(メラニン色素)に反応する特殊な光波長をムダ毛へ照射します。
    そのため、色素沈着で茶色や黒っぽくなった部位へも反応してしまいます。
    色素沈着した部位への施術は、痛みを感じやすい・脱毛効果の低下・肌トラブルの原因に繋がりますので、色素沈着が確認される範囲への脱毛施術は、お受け頂けないとご理解ください。

アトピー肌の方はセルフ脱毛にご注意を

アトピー肌の方はセルフ脱毛にご注意

アトピー肌の方でもメンズ脱毛をすることは可能です。しかし、「脱毛にかかるお金が…」「脱毛サロンに通うのが面倒」という理由から、ムダ毛の自己処理を行う男性もいると思います。
しかし、自己処理はお肌へのダメージが大きく、アトピー肌で皮膚がデリケートな状態な人にはオススメできません。
特に注意が必要な自己処理方法をご紹介します。

カミソリ・毛抜きで処理

ムダ毛の自己処理で一番手軽な方法がカミソリや毛抜きを使った処理です。
しかし、こちらの処理方法はお肌へ蓄積されるダメージが大きく注意が必要です。
カミソリでムダ毛を剃ると、毛と同時に皮膚の表面も削いでいる状態です。ただでさえ、乾燥気味でデリケートな状態のお肌にカミソリで傷をつけてしまうと、色素沈着に繋がるだけでなくより乾燥した皮膚状態を引き起こしてしまいます。
毛抜きも同様に毛穴や皮膚へのダメージが大きいため控えてください。

脱毛クリームで処理

脱毛クリームには毛のたんぱく質を溶かすアルカリ性の成分が含まれていることをご存じでしょうか。
しかし、お肌も毛と同じたんぱく質で作られています。そのため、ムダ毛の処理と同時にお肌にもダメージを与えてしまいます。
カミソリでの処理と同じで皮膚の表面がない状態になるので、乾燥しやすくなり結果肌トラブルの原因になります。

参考記事:【脱毛クリームは危険?】手軽な自己処理の注意点

家庭用脱毛器で処理

最近では自宅で手軽に始められる、家庭用脱毛器が多く発売されています。脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛に比べ安価なので、使用されるかたもおられますが安易な使用は控えてください。
家庭用脱毛器と脱毛サロンでの脱毛の脱毛理論はほぼ同じですが、しっかりとした知識を持った人間が取り扱わないと、思わぬトラブルを引き起こしてしまいます。
特に、アトピー肌の方への脱毛は肌の状態の見極めや照射パワーの調整が大切です。施術後の肌ケアを怠ると、肌の乾燥や赤み色素沈着を引き起こす可能性が高まります。
脱毛を考えている場合は、脱毛のプロへ相談するようにしましょう。

アトピー肌はレーザー脱毛と光脱毛のどちらが最適?

アトピー肌はレーザー脱毛と光脱毛のどちらが最適?

アトピー肌の方にもオススメな脱毛方法は2種類あります。
それは、「レーザー脱毛」と「光脱毛」です。
オススメする理由とアトピー肌の方のメリット・デメリットをご紹介します

参考記事:【徹底解説】脱毛の種類とメリット・デメリット

アトピー肌の方へのレーザー脱毛

レーザー脱毛(医療脱毛)は医療クリニックでのみ施術可能な脱毛方法です。
後ほど説明する光脱毛に比べ照射する光波長のパワーが強く、毛や肌に与えるダメージが大きく強い痛みを感じます。その分、脱毛期間が短いメリットがあります。
アトピー肌の方は、肌が乾燥しデリケートな状態になっています。そのため、レーザー脱毛施術の刺激による痛みを感じやすく、痛みが弱い方にはオススメできません。
ただし、かかりつけの皮膚科に脱毛メニューがある場合は医師に相談の上、レーザー脱毛を始めるのが安心です。

アトピー肌の方への光脱毛

光脱毛(フラッシュ脱毛)は脱毛サロンで受けられる脱毛う方法です。
レーザー脱毛に比べパワーが強すぎないため、肌へのダメージが抑えられ痛みも少ないことが特徴です。その反面、レーザー脱毛に比べ脱毛期間が長くなります。
光脱毛は照射するパワーが強すぎないため、アトピー肌の方にもおすすめの脱毛方法です。
メンズ脱毛TREZE HOMMEの脱毛方法もこの光脱毛になります。当店でもアトピー肌のお客様への施術をお受けしております。痛みの少ない脱毛機を使用したメンズ脱毛はアトピー肌の方にも安心してお受け頂けます。

アトピー肌の方がメンズ脱毛を始めるメリット

TREZE HOMMEでメンズ脱毛を受けるメリットをご紹介します。

  • カウンセリングで自分に合った脱毛を提案してくれる
    アトピー肌でも脱毛が可能と聞いても、不安を持つ方も少なくないでしょう。
    TREZE HOMMEでは、経験豊富なスタッフが脱毛前にお肌の状況を確認し、最適な脱毛プランをご提案します。
    本格的な施術の前に「パッチテスト」を行い、光脱毛を受けても問題かを確認しますので、ご安心ください。
  • アフターケアの方法をアドバイスします
    脱毛施術後はお肌が乾燥状態になりやすく、アフターケアが重要になってきます。
    特にアトピー肌の方は、元のお肌が乾燥状態なので正しいアフターケアが必須です。
    初回施術時にケア方法をお伝えするほか、気になったタイミングでお気軽にご質問されてください。
  • ムダ毛やひげ剃りが無くなり、お肌への負担軽減
    アトピー肌の方がメンズ脱毛を始めたいと思うキッカケとして、ムダ毛処理やひげ剃りを行うことによって感じる肌への痛みではないでしょうか。
    脱毛を行うことで、毛の処理が不要になり肌への刺激も軽減されます。

アトピー肌の方はリスクの低い脱毛方法をオススメします。

アトピー肌の方はリスクの低い脱毛方法をオススメします。

アトピー性皮膚炎をお持ちの男性も”脱毛は可能です”しかし、自分で行うセルフ脱毛は肌へ負担もありオススメできません。
アトピー肌だからこそ、安心して脱毛できる方法を選択すべきです。
TREZE HOMMEではアトピー肌のお客様への脱毛実績もあり満足して頂いております。
無料カウンセリングを実施しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

執筆者:小林(店長)

脱毛歴5年の自身の経験や、数多くのお客様の施術をした経験を活かして、皆様の気になるメンズ脱毛やヒゲ脱毛に関する情報をご紹介します!
店長の詳細情報はこちら

関連記事

PAGE TOP