「埋没毛」ってなに?原因や予防法など気になる疑問を徹底解説

埋没毛って何もの!?

埋没毛って何もの!?

「埋没毛」は埋もれ毛とも呼ばれ、その名の通り皮膚に埋まっている毛のことです。
「普通の毛」と「埋没毛」の違いは、毛の先端が皮膚から出ているかどうかです。
普通に生えている毛は毛根だけが皮膚の中にあります。しかし、埋没毛は毛の先まで皮膚に埋まっている状態です。
皆さんも皮膚の中に黒いポツポツを見たことや、渦を巻いて生えている毛を発見したこともあるのではないでしょうか?

埋没毛の原因は?

では、どうして埋没毛ができてしまうのでしょうか?
埋没毛になる主な原因の一つに「誤ったムダ毛の処理」があります。
手軽で簡単なカミソリや毛抜きを使ったムダ毛の処理は、少なからずお肌へダメージを蓄積させます。
この誤ったムダ毛処理により、肌や毛穴が傷つき治癒する際に毛穴が塞がってしまうことがあります。
しかし、毛穴が塞がっても毛根がなくなる訳ではありませんので、新しく生えてきた毛が出る場所が無く、皮膚の中で成長し埋まってしまいます。

埋没毛ができてしまった際の対処法

埋没毛ができてしまった際の対処法

どれだけ肌ケアに気を付けていても埋没毛になってしまうことはあります。
埋没毛があるからといって、決して毛抜きなどで無理やり引っ張り出すのは止めてください。
次に、埋没毛の対処法をご紹介していきます。

しばらく様子をみる

埋没毛が数本しかない場合は、特に触らず様子を見るという選択肢もあり、時間とともに皮膚に吸収されることがあります。

角質を柔らかくしてみる

「ボディスクラブ」や「ピーリング」を使用し、古い角質を取り除くことが効果的です。肌のターンオーバーを早めてあげることで、埋没毛が外に出てくるまでの期間を短くします。
しかし、毎日使うのは厳禁です!角質ケアは肌に刺激があるため、使いすぎると肌が赤くなったり、必要な皮脂まで落ちてしまうため、逆に肌がボロボロになる原因となります。
「1週間に1度程度」を目安にして、やさしく肌ケアを行うようにしてください。

どうしてもダメなら皮膚科に相談を

埋没毛の処置で一番安全な方法が、皮膚科で診察してもらうことです。
肌の状態や埋没毛に合わせ、適切な処理をして貰えるので、気になる方は皮膚科医へ相談しましょう。
埋没毛がある箇所に炎症やしこりが出た場合は、すぐに皮膚科へ行くようにしてください。

(予防)埋没毛を作らない方法

(予防)埋没毛を作らない方法

埋没毛の主な原因は「誤ったムダ毛の処理」だと解説しました。
ですが、ムダ毛の処理をしないという選択肢はありませんよね?
次に、埋没毛が起こりにくいムダ毛処理方法をご紹介していきます。

肌を傷つけない自己処理をする

カミソリや毛抜きを使った自己処理では、肌を傷つけてしまう可能性が高いです。
ですので、自分でムダ毛の処理をされる際は、電気シャーバーや脱毛クリームを使用がオススメです。
脱毛サロンに通う場合も、事前の剃毛は電気シェーバーでやさしく剃毛するようにして下さい。

関連記事:【脱毛クリームは危険?】手軽な自己処理の注意点

脱毛サロンや医療クリニックでお手入れ

脱毛サロンでの光脱毛や医療クリニックでのレーザー脱毛では、肌や毛穴に傷が付くリスクが低いので、埋没毛対策におすすめです。
次に光脱毛とレーザー脱毛の特徴について解説します。

  • 短期間で脱毛効果を得るなら医療クリニックの「レーザー脱毛」がオススメ
  • 「レーザー脱毛」は医療脱毛とも呼ばれ、医療機関かつ医師や看護師など医療従事者が行う脱毛方法です。
    高出力のレーザーを照射するため、脱毛効果も高く永久脱毛に分類されます。
    その反面、施術の痛みが強く費用も高いといったデメリットがあります。
    痛みや費用が問題なく、とにかく早く脱毛を完了させたい方にオススメの脱毛方法です。

  • 痛みを最小限に脱毛効果を得るなら脱毛サロンの「光脱毛」がオススメ
  • 「光脱毛」はフラッシュ脱毛とも呼ばれ、脱毛サロンで行われる脱毛方法です。
    レーザー脱毛よりも出力レベルが抑えられているため、痛みが少なく肌への負担もかなり軽減されています。
    レーザー脱毛に比べ脱毛効果を得るまでに、ある程度の期間は必要ですが、しっかりと回数を重ねることで脱毛効果を実感して頂けます。
    費用も医療脱毛に比べ安く、今まで脱毛をしたことが無い初心者の方でも、始めやすい脱毛方法になります。

脱毛後のアフターケアも重要

脱毛後のアフターケアも重要

脱毛サロンや医療クリニックでのお手入れは、自己処理に比べ肌への負担が少ないです。ですが、脱毛施術後も「お肌のアフターケア」はとても重要です。
光脱毛やレーザー脱毛の施術後は、照射した光がお肌の水分を奪い肌を乾燥状態にします。
乾燥してデリケートな肌は炎症を引き起こしやすく、万が一炎症が起きると肌にダメージとなり、埋没毛を誘発する原因になってしまいます。
肌状態を整えるためにも、脱毛期間中は保湿ローションの使用など、お肌の乾燥を予防する対策をすることで、効果的な脱毛にもつながります。

埋没毛予防は光脱毛が安心!

埋没毛予防は光脱毛が安心!

「埋没毛」とは?から埋没毛ができる原因や予防方法を解説しました。
埋没毛は見た目に影響があるだけでなく、炎症を引き起こす可能性もあります。
慎重にケアしながらお手入れしていても、埋没毛はお肌のちょっとしたダメージで起こり得るものです。
埋没毛は作りたくないという男性は、脱毛サロンでの光脱毛がおすすめです。
メンズ脱毛TREZE HOMME大分店では、徹底したカウンセリングでお肌にあった施術が受けられます。当店で使用している脱毛機は、可視光線という体に害のない光がでるため、施術によって肌が焼けてしまうなどのトラブルの心配もありません。
安心・安全に脱毛を行うために、日々技術を磨いておりますので、メンズ脱毛をお考えの男性は、お気軽にご相談くださいませ!

関連記事

PAGE TOP