ワキの臭いが軽減!?脱毛でワキガは治るのか?

脱毛することでワキガは治る?

脱毛でワキガは治る?

結論から申すと、ワキの脱毛でワキガは治りません。
ですが、ワキの毛が少なくなることで嫌な臭いが軽減する可能性は高いです。
世間では脱毛することでリスクがあるのでは?と思われている男性も多く、その一つがワキ毛の脱毛が原因でワキガになるのでないかという噂です。
今回の記事では、そんな噂の真実を解消しながら、ワキ脱毛について解説していきます。

そもそもワキガとは?

そもそもワキガとは?

ワキガの原因

脱毛とワキガの関連性を調べる前に、まずなぜワキガが起こるのかを知りましょう。
ワキガという名称は腋(ワキ)の下(ガ)で起こる臭いに由来しており、正式には「腋臭症」や「アクポリン臭汗症」と呼ばれます。
ワキガを放置していても、体調悪化など身体的な影響はほとんどありません。
なぜなら、ウイルスや菌などが原因になって起こる病気ではなく、ワキガは体質に大きく影響されるからです。
私たちの身体には、汗を分泌する組織である「汗腺」が2種類あり、それぞれ「エクリン腺」と「アポクリン腺」といいます。
エクリン汗腺はサラサラとした汗を分泌する汗腺で、身体全体の表皮に存在しここから出る汗は、水分をたっぷり含んでいるためイヤな臭いが起こりにくいです。
一方で、アポクリン汗腺から出る汗はベタベタとしています。
このアポクリン汗腺から分泌される汗がワキガの主な原因です。
アポクリン汗腺から分泌される汗には、水分の他にたんぱく質や脂質が混ざっており、それらが腋に付着している常在菌により分解されることで、ワキガ特有の嫌なニオイが発生します。
アポクリン汗腺は主に耳の後ろや腋、陰部周りに集中し、毛が多い人ほどワキガの発生率が高いとされています。
このたんぱく質や脂質が悪臭のもとになって、臭い汗が分泌されてしまいます。
ワキガに悩む人は、このアポクリン腺が発達しすぎている傾向があります。
遺伝的な要因でアポクリン腺が多くなるように成長してしまう、という人も少なくありません。
腋臭症の主なニオイ

  • スパイスのような鼻がツンとするニオイ
  • 鉛筆の芯にようなニオイ
  • 雑巾のようなニオイ
    ワキガの臭いには個人差があり、人によって感じ方は異なります。

日本人の10人に1人はワキガ体質!?

日本人のおよそ10人に1人がワキガ体質だと言われています。
この割合ですが、白人は80%、黒人は100%と言われており、日本人は世界と比べるとかなり少ないんです。
ですが、割合が少ないからこそ、ワキガ体質の人の悩みはより大きくなりますね。
ワキガを発症する主な要因

  • 遺伝による要因
    ワキガは優性遺伝になり、両親がワキガだと高確率でその子供もワキガになります。
    母親や父親どちらかがワキガの場合に比べ、両親ともにワキガの場合はより高い確率で遺伝が認められています。
  • 性ホルモンによる要因
    性ホルモンにはアポクリン汗腺を活発にする働きがあります。アポクリン汗腺の数は生まれた時に決まりますが、第二次性徴期に性ホルモンのバランスが変わることで、それまで症状が出ていなかったワキガのニオイを感じるようになります。
    思春期の時期とタイミングが被るため、腋のニオイに対しストレスを感じたりコンプレックスをもってしまうケースが多くあります。

生活習慣による余韻

普段から肉を中心に食事をしている方は、動物性たんぱく質や脂質が身体に溜まりやすくなります。そのたんぱく質や脂質が体外に排出される時に、
また、後天的にワキガになってしまうという人もいます。
普段からお肉をよく食べている人は、脂質が身体に溜まりやすくなり、その脂質がアポクリン腺を通して体外に排出される際に、嫌なニオイの元となります。
過度な飲酒や喫煙習慣など、新陳代謝が低下することでも、ワキガのニオイが出やすくなってしまいます。

ワキガの対処法

  • 症状が軽度の場合
    ワキガの症状が軽度の場合は、定期的に脇汗を拭きとる、制汗剤を使用し汗をかきにくくすることでニオイ予防に繋がります。
    日頃から運動をするなど、こまめに汗をかく習慣をつけることで、新陳代謝が活発になり綺麗な汗をかくこともできます。
  • 症状が重度の場合
  • ボトックス注射
     ボツリヌス菌の毒から生成した成分を、ワキの下に注射する治療法です。汗が出る汗腺の働きを抑える効果があり、多汗症治療・わきが治療に用いられます。
  • ミラドライ
    マイクロ波を照射して、皮膚の奥にあるアポクリン汗腺を破壊する治療法です。皮膚を切らない治療法になり、効果も半永久的に続くとされています。
  • 外科的手術によるアポクリン汗腺の切除
    ワキの下を切開しニオイの原因であるアポクリン汗腺を直接取り除く治療法です。確実性が高い方法でより重度のワキガの方向けの治療になります。
    ワキガを根本的に治すためには上記の治療を選択する必要があります。
    しかし、「治療や手術には抵抗があるな」と思われる方も少なくありません。
    そんな男性は、”ワキ脱毛”から始めてみてはいかがでしょうか?
    脇毛が少なくなることで、汗が溜まりにくくなり嫌なニオイも軽減する可能性があります。

ワキガの人がワキ脱毛を受けるとどうなる?

ワキガの人がワキ脱毛を受けるとどうなる?

脱毛とワキガの間にまったく関連性がないというわけではありません。
というのも、ワキの脱毛後にこれまで悩まされていた脇のニオイが減ったという人がいるのです。
なぜ、そのような現象が起こったのでしょうか?

毛が少なくなり衛生面が改善

脱毛することで脇毛の毛量が少なくなり、衛生的になったという点が挙げられるでしょう。
元々、脇は常に締まっており、蒸れやすい箇所になります。
これに加えて、脇毛がたくさん生えているとそれだけ湿気が溜まりやすくなります。
「湿気・蒸れ・体温」この3つが揃うと、もともと脇に棲みついていた常在菌が繁殖しやすくなり、嫌なニオイを生み出しやすい環境になります。
そのため、脇毛が生え始める思春期の頃に、元々アポクリン腺が発達していた人が、自身のワキガに気づくという例があります。
ワキの脱毛を行うことで、湿気の元になる密閉感が和らぎ、ニオイも起こりにくくなります。

脇毛の処理の必要がなくなる

脇毛を自己処理している方は、カミソリで毛を剃った際に肌にダメージを与えてしまっています。
これにより、傷口から菌が侵入したりアポクリン汗腺が刺激され、悪臭を作り出す原因になります。
脱毛することで毛の処理をする必要もなくなり、こうしたリスクも改善されます。
ワキガの嫌なニオイを抑えるためには、脱毛は有効だと考えられます。
しかし、脱毛はワキガの治療法ではありまっせん。根本的にワキガ治療を行うには医療機関を受診し適切な治療方法を選ぶようにしてください。

ワキ脱毛でワキガが発生する?悪化する?

ワキ脱毛でワキガが発生する?悪化する?

ここまで脱毛を行うと、ワキガに良い影響を与えるとご説明してきました。
ですが、実際に脱毛を経験した人の中には、脇のニオイがきつくなったような気がするという人もいるようです。
脱毛後にワキの臭いが気になるケースと対処法をご紹介します。

ニオイががきつく感じるケース

きついニオイを感じるケースの多くは、脱毛を行っている時期が関係していることが考えられます。
例えば、夏に脱毛を行っている人は、特に意識しなくても汗をかくので、余計にニオイに敏感になるでしょう。
冬に脱毛を行った人は、厚着をすることが多くなりワキの湿気がこもりやすくなり、ニオイを発生させる元となります。

痛みに弱い人は光脱毛がオススメ

痛みに弱い人は光脱毛がオススメ

ワキのムダ毛を脱毛してキレイにしたい、ニオイ対策も行いたい人は脱毛サロンや医療クリニックで施術を受けましょう。「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3種類の施術方法の中から選びましょう。

脱毛方法について詳しい解説はこちらでしております。

関連記事:【徹底解説】脱毛の種類とメリット・デメリット

ワキは太い毛が生えている、摩擦によって皮膚が黒ずんでいるケースが多く、レーザー脱毛で施術した場合には強い痛みを感じやすくなります。痛みが苦手な男性は光脱毛がおすすめです。

男性のワキ脱毛も人気急上昇中です!

男は脇毛を生やすものという時代も過去の話しになりました。
最近では、男性のワキ脱毛も人気が出てきており、ワキガだけでなくワキの臭いを軽減されたい、ワキの蒸れを抑えたいと希望される方が多く見られます。
また、スポーツをされる男性がワキ脱毛を希望されるケースもあります。

関連記事:【アスリート必見】スポーツ選手のメンズ脱毛が人気の理由

ワキガ、ワキの臭いで脱毛に行くのが恥ずかしい…

ワキガ、ワキの臭いで脱毛に行くのが恥ずかしい…

ワキガがコンプレックスで、脱毛するために脱毛サロンや医療クリニックで、自分のワキを出した時の臭いが心配だと思われる方も少なくないと思います。
ワキガだとバレたくないから脱毛に抵抗がある方もおられるでしょう。
安心してください。脱毛施術を担当するスタッフは、沢山のお客様の対応をしているので慣れておりワキのニオイも気にしません。
どうしてもニオイが気になる方は、脱毛前にシャワーで汗を流す。ウェットティッシュで脇汗を拭くだけでも大きくニオイを抑えることができます。
ワキ毛を脱毛すると脇のケアがしやすくなるので、ためらわずに脱毛を始めてみましょう。。

関連記事

PAGE TOP