サラリーマンはヒゲNG?職場でヒゲは禁止なのか

髭剃りはサラリーマンの身だしなみなのか?

社会人の男性が仕事をする際には、身だしなみを整えて清潔感を保つという点が非常に重要になります。 そんなサラリーマンの身だしなみの一つとして「髭を剃る」という行為が一般的ですが、ヒゲが濃い男性は毎日剃らないとすぐに生えてきますし、綺麗に整えるにはマメな手入れが必要で面倒くさいと思われる方も多いと思います。 中には、髭を生やしっぱなしにしたい!という男性もおられるかもしれません。 本記事ではサラリーマンと髭の関係について解説します。

髭剃りの強制は違法?

会社の規則で髭を剃らないといけない、上司から髭を剃るように注意された。なんて経験はありますか?ルールだから従っている人もいると思いますが、サラリーマンが髭を剃らないといけない法的な根拠はあるのでしょうか?

Q:ひげを剃らないと懲戒処分と言われた
Aさんは会社で口ひげを生やして仕事をしていたところ、上司からひげを剃れと言われ、従わないと懲戒処分にすると言われました。どうしたらよいでしょう。

A:業務に支障がないかぎり、上司からの指示に従う必要はない
口ひげを生やしていても業務に支障がないかぎり、上司からの指示に従う必要はなく、拒否しても懲戒処分の対象にはなりません。

引用元:ひげを剃らないと懲戒処分と言われた|水谷法律事務所
法律的には、仕事に支障をきたすと判断されない限りサラリーマンが髭を生やしても問題はありません。

サラリーマンのヒゲに対する印象

サラリーマンがヒゲを生やす意味はあるのか?

サラリーマンがヒゲを生やすメリット

  • 一つのアイコンとして覚えてもらいやすくなる
  • お洒落の幅が広がる
  • 貫禄がある印象に

サラリーマンがヒゲを生やすメリットは個性を出せるかという点です。顔を覚えてもらう必要がある場面では、ヒゲがあることで他の人との違いが出て印象に残りやすいでしょう。 役職についている方もヒゲがあることで、年相応の貫禄感を出すことができます。

サラリーマンがヒゲを生やすデメリット

  • だらしない印象を与える
  • 不衛生なイメージ
  • 顔色が暗く元気がない印象
  • 実年齢よりも年上にみられがち

社会人は髭剃りをするものという一般的な感覚があるため、サラリーマンがヒゲを生やしていると、だらしなさや暗いイメージを与えてしまいがちです。 初対面の人と会う機会の多い仕事をされている人にはデメリットが大きいのではないでしょうか。

サラリーマンのヒゲに対する周りの印象

実際にサラリーマンがヒゲを生やすのはどのような印象を与えるのでしょうか? 社会人の髭に対しては、肯定派と否定派ですっぱりと分かれました。

社会人のヒゲに肯定派の意見

https://datumo-datumo.com/wp-content/themes/heal_tcd077/img/common/no_avatar.png

個性を出すためにヒゲを生やすのは良いことだと思う

https://datumo-datumo.com/wp-content/themes/heal_tcd077/img/common/no_avatar.png

相手に不快感を与えなければヒゲを生やしても大丈夫

https://datumo-datumo.com/wp-content/themes/heal_tcd077/img/common/no_avatar.png

お洒落のツールとしてのヒゲはありだと思う

社会人のヒゲ肯定派の意見としては、職種にヒゲが似合うかという点が重要で、ヒゲを見た人が不快感を覚えるようならダメという基準ですね。

社会人のヒゲに否定派の意見

https://datumo-datumo.com/wp-content/themes/heal_tcd077/img/common/no_avatar.png

会社勤めのサラリーマンは髭を剃るのが鉄則

https://datumo-datumo.com/wp-content/themes/heal_tcd077/img/common/no_avatar.png

髭を生やしたまま取引先に行くのは失礼だ

https://datumo-datumo.com/wp-content/themes/heal_tcd077/img/common/no_avatar.png

スーツを着て髭が伸びているのはだらしないと思う

社会人のヒゲ否定派の意見としては、サラリーマンには清潔感が重要で、ビジネスマナーとしてヒゲを綺麗にする必要があるという点でした。

サラリーマンでも職種によってはヒゲを生やしても大丈夫?

社会人の髭に対するイメージは業界によって違うようです。 お洒落の許容範囲が広い業界や自由度の高いクリエイティブ職では、ヒゲに対して比較的OKなイメージの人が多いです。 反対に、堅い業界で働くサラリーマンや食品関係、医療関係など衛生面が大切な業界でもヒゲはNGととらえられることが多いようです。

ヒゲがOKな職種

  • 美容師
  • アパレルショップ店員
  • IT業界
  • デザイナー
  • 広告・出版

ヒゲを生やしていても仕事に影響がなく、個性を出すツールとして活かせる職種の方は、ヒゲを生やすことに対して問題視していないようです。 社内でしか仕事をしない職種も容認されるケースがあります。

ヒゲがダメな職種

  • 銀行員
  • 公務員
  • 営業職
  • 食品関係
  • 病院関係

清廉潔癖な堅い職種や衛生面を重視する職種の方は、ヒゲを生やすのは絶対NGなケースがほとんどです。 会社の方針にもよりますが、てヒゲを伸ばさない常識が職場の暗黙のルールとして存在しているなんてことも。

業種によってはサラリーマンのヒゲもOKだが、マナー違反のケースがほとんど

ヒゲに対してこだわりが強くないサラリーマンは、ヒゲを生やさないという選択がベターです。 お洒落でヒゲを生やしたい、肌が弱くできるだけ髭を剃りたくないという人は、会社のルールやご自身の仕事に影響しない範囲で、最低限の清潔感を保てる程度に整えるようにしましょう。 生やしたヒゲが原因で仕事面にマイナスが出てしまうと本末転倒ですので、男性の皆さんは身だしなみを見直してみてくださいね!

忙しいサラリーマンにはヒゲ脱毛がおすすめ

毎日髭を剃っている男性は、こんな思いを一度はした経験がありませんか?

  • 剃っても青髭が残るのがイヤだ
  • 毎朝の忙しい時間がもったいないし面倒だ
  • カミソリ負けで肌がヒリヒリする
  • カミソリ代や電気シェーバーの費用がもったいない

ヒゲが濃い男性や髭剃りをしても青みが目立つ男性は、ヒゲ脱毛という選択肢がおすすめです。

ヒゲ脱毛のメリット

青髭の根本的解決で清潔感アップ

ヒゲが濃い男性にとっては、どれだけ丁寧に髭を剃っても青みが残り、清潔感がある状態に見えない人もいると思います。
ヒゲ脱毛は毛の根本を弱らせることで、生えてくるヒゲが細くなったりほとんど生えてこなくなる効果があり青髭を根本的に解消する効果があります。

青髭の原因と解決方法

髭剃り時間の節約

ヒゲ脱毛を繰り返し受けることでヒゲが伸びるスピードが遅くなり、結果的に髭を剃る頻度も少なくなるのでその分の時間が節約できます。
髭剃りの必要がなくなると、これからの40年で約3600時間もの時間を有効活用できる計算になります。

生涯の髭剃りに必要な時間

肌が綺麗になる

髭を剃る行為は肌に大きな負担がかかり、肌の赤みやヒリヒリ感を引き起こす原因になります。
特に毎日髭剃りをしている場合、肌のダメージが回復しきらないため、慢性的に肌が荒れている状態になってしまいがちです。
ヒゲ脱毛を行い髭剃りの頻度が少なくなると、必然的に肌の状態もよくなり肌質も綺麗に改善されていきます。

髭剃り代のコストカット

毎日の髭剃りを40年続けると約120万円もの金額をカミソリや電気シェーバー代に消費してしまいます。
できる限り若いうちにヒゲ脱毛を完了させるとコストパフォーマンスが高いです。

大分の男性はTREZE HOMMEへお任せください

大分でヒゲ脱毛を検討中の社会人男性は、メンズ脱毛TREZE HOMME大分店へお任せください。

当店では、男性のしぶといムダ毛に特化した脱毛サービスを提供しており、お客様からも効果を実感して頂いております。

  • 経験豊富な男性スタッフが対応
  • 濃いヒゲにも効果的な脱毛機を導入
  • 完全予約制・完全個室で徹底したプライバシー管理
  • コース完了後は最大85%OFFの保証完備
執筆者:小林(店長)

脱毛歴6年の自身の経験や、数多くのお客様の施術をした経験を活かして、皆様の気になるメンズ脱毛やヒゲ脱毛に関する情報をご紹介します!
店長の詳細情報はこちら

関連記事

PAGE TOP