【就活で差をつけろ!】学生がヒゲ脱毛をする利点

最近ではテレビやYouTubeでも「学生のヒゲ脱毛」が注目されるようになりました。
当店でも高校生や大学生の方でヒゲ脱毛を希望されるお客様が増えてきています。
今回は「学生がヒゲ脱毛を始める効果」を中心に解説し、「未成年の脱毛の注意点」も合わせて紹介します。

学生がヒゲ脱毛を始めるメリット

未成年・学生がヒゲ脱毛をするメリット

数年前に比べ今では未成年の学生の間にもヒゲ脱毛が広がりつつあります。
自身のムダ毛が気になりやすい時期に加え、特に高校生~大学生の年代は、ヒゲの生える生えないや濃い薄いの差が見えやすく、髭が濃いことで友達や先輩からイジられてしまい嫌な気持ちになった。というケースもおありかと思います。
ここでは、未成年の方や学生さんがヒゲ脱毛を行うメリットをご紹介します。

恋愛や就活で有利に!?

人生の中でも特に10代の学生時代は貴重な時間です。
進学や就職などで、自身の進路が大きく変わる時期になり沢山の人と出会うことになります。その時に青髭が目立ったり、カミソリ負けで荒れた肌の状態だったらどうでしょうか?「元気が無いように見える」「不潔に見える」このようなマイナスの印象を与えてしまいませんか?
清潔感が重要視される現代でにおいて、ヒゲの状態はあなたに与える印象を大きく左右させます。
恋愛や就活で周りに差をつける為にもヒゲ脱毛で、清潔感向上を目指してみてはいかがでしょうか。

ヒゲ剃りの習慣化による肌荒れや肌トラブルを回避できる

ほぼ全ての成人男性が行っているヒゲ剃りですが、カミソリや電気シェーバーを使用するたびに肌へダメージを与えている状態になります。
特に青髭を避けようと深剃りをする人は、皮膚の角質層も削ってしまいカミソリ負けや肌の乾燥など、肌トラブルに繋がるリスクが高いです。
また、長年の髭剃りが肌へダメージを蓄積させる結果となり、肌の黒ずみやシミを引き起こす原因となってしまいます。
ですので、ほとんど髭剃りをしていない未成年・学生の期間にヒゲ脱毛を完了させておくことで、肌へ蓄積されるダメージを抑え将来の肌トラブルを事前に回避することができます。

ヒゲ剃りによる時間や費用の削減

20歳~60歳までの40年間、カミソリや電気シェーバーを使用してヒゲ剃りを続けた場合、その道具に使用する金額は約50万円、髭剃りに費やす時間は約1680時間になり50万円を使い丸々70日間ひげ剃りをしている計算になります。
まだ髭剃りを始めて期間が短い、未成年・学生の方ほどヒゲ脱毛後の時間と費用の削減効果が大きくなるメリットがあります。

学生の期間は脱毛に通いやすい

ヒゲ脱毛が完了するまでには約1年~2年にの期間が必要です。脱毛のペースとしては、2週間から1ヵ月に一度、脱毛サロンや医療クリニックに通うかたちになりますが、社会人になってから脱毛を始めると多くの方が土日に通う事になるでしょう。
最近では、ヒゲ脱毛を希望される社会人が増えてきており、土日のご予約に人気の店舗が多いのが実情です。逆に平日ですと希望の時間に予約が取れるケースが多いので、スケジュールを有効に使いたいと考える方は、学生で平日に余裕がある時に脱毛を開始されることをオススメします。

仕事を始めてからの印象も良い

接客業・サービス業・営業職に就いた場合は、仕事をする上で様々な人と会話する機会が増えます。その時にヒゲが目立つとだらしない印象を与えてしまい、仕事の成績にも影響が出るかもしれません。
社会人あるあるなのが、髭剃りをした朝はヒゲが目立たいが、夕方になると青みが目立ってしまうとお悩みを持たれる男性もおられます。
働き始めてからヒゲ脱毛を始めるのも一つのキッカケですが、ヒゲ脱毛は効果を実感するまでに1年~2年の期間が必要になります。
その期間中は、髭が濃いことによる影響は少なからず受け続けるので、就職前にヒゲ脱毛を完了させることで万全の体制で仕事に取り組むことができます。

未成年・学生がヒゲ脱毛する前に知っておきたい2つのポイント

未成年・学生がヒゲ脱毛をする前に知るべきポイント

いざヒゲ脱毛を始めたが、歳を重ねた時に後悔しないために事前に知っておくべきポイントを2点ご紹介します。

脱毛後もまたヒゲが生えてくる可能性がある

毛穴の数は生まれた時に決まると言われています。しかし、毛穴から生えてくるヒゲの量は男性ホルモンの働きによるものが大きいとされています。
この男性ホルモンの働きは第二次性徴の期間(10代半ば~20代半ば)に大きくなり、終わるまでは安定しないと考えられています。
ですので、まだ未成年の学生はヒゲの量としては安定していない可能性もあり、この期間にヒゲ脱毛が完了したと思っても、数年後にはヒゲが生える毛穴が出る可能性があります。
現在主流の脱毛方法である、光脱毛やレーザー脱毛は今生えている毛に対してのみ有効です。そのため、男性ホルモンの働きで”これから生えてくるヒゲ”にはどうしても効果を出すことは不可能です。
未成年・学生の方は、身体の成長が過渡期のため、脱毛完了後にも毛が生えてくる可能性を完全に無くすことはできません。特に年齢が若ければ若いほどこの可能性は高くなるので、ご理解をお願いします。

未成年・学生の脱毛は意味がない?

上記では未成年・学生の方が脱毛をしてもまた生えてくる可能性があると記載しましたが、脱毛する意味がない訳ではありません。
できるだけ無駄なくヒゲ脱毛を受けたい場合は、第二次性徴期が終了してからヒゲ脱毛を始めた方が良いということになりますが、この第二次性徴期が終わるタイミングは正確には分かっていません。17歳で終わる方もいれば、22歳で終わる方もおりどうしても個人差が出てしまいます。
しかし、脱毛後もヒゲが生えると言っても脱毛前の濃い毛が生える可能性は低く、産毛のような細い毛が生えてくるケースがほとんどです。
そのため、未成年・学生の方は脱毛後も毛がヒゲが生えてくる可能性があると割り切ってしまうのも手だと思います。
一通り施術を終えてから生えてくる細いヒゲは、元々生えていたヒゲよりも薄く、脱毛効果が出るまでの期間も速いです。新たに生えてきたヒゲは再度照射することで比較的短期間でスッキリさせることが可能です。
TREZE HOMMEでは、コース終了後は85%OFFでヒゲ脱毛が出来る保証料金をご用意しています。無期限・無制限の保証ですのでヒゲが気になったタイミングでご利用頂ければと思います。

将来ヒゲを生やしたくなっても生えてこない

一度脱毛が完了してしまった毛穴からヒゲが生えてくる可能性は限りなく低いです。
10代、20代の頃はヒゲは不要でツルツルにしたい!と思っていても年齢をとった時に好みが変わりヒゲを生やしたいなと思う場面もでるかもしれません。
しかし残念ながら、ヒゲ脱毛後に思うようにヒゲが伸びることはなく後悔してしまう可能性がありますので、ヒゲ脱毛前には「一生ひげはいらない」と気持ちを固めてから始めるようにしましょう。

将来的にヒゲを生やしたい方は、減毛やデザイン脱毛がおすすめ

10年、20年後の好みを今の年齢で理解するのは大変難しいです。今はヒゲを無くしたい!だけど将来的には生やしたくなる気がすると思われる方は、ヒゲの毛量を減らす減毛や綺麗な形に整えるデザイン脱毛がオススメです。
ヒゲの量が少なくなるだけでも、ひげ剃りの手間や肌へのダメージは大幅に抑えられます。また綺麗に形を整えることで、嫌だったヒゲが自慢のヒゲに変るかもしれません。
どの選択がベストなの?とお悩みの方は、脱毛のプロである脱毛専門スタッフへご相談されてはどうでしょうか?

未成年の脱毛は「保護者の同意」が必要です

未成年の脱毛は保護者の同意が必要

未成年・学生の方がヒゲ脱毛を受けるメリットをご紹介しました。現時点で未成年の状態で脱毛を始めたい!と思っている方でも施術前には「保護者の同意書」が必要になります。
当店では脱毛サービスのリスクの承諾・契約後のトラブル回避の意味も含め、必ず保護者の許可を得る必要がございます。本気で脱毛をしたいとお考えの場合は事前に親御さまとご相談の上、お越しくださいませ。

保護者の方と同伴での無料カウンセリング可能です

当店では、脱毛を始められる全てのお客様に対して、無料カウンセリングを実施しております。光脱毛の基本的なしくみや最適な脱毛プランをご説明しますので、メンズ脱毛・ヒゲ脱毛に関してご質問をお持ちの場合はお気軽にご相談下さい。
未成年の方は保護者の方と一緒にカウンセリングを受けて頂くことを推奨しております。

同伴でのカウンセリングが難しい方

親御さまとの予定が合わない等、無料カウンセリングに同伴でお越しいただくのが厳しい場合もあるかと思います。
その際は、事前に「保護者の同意書」を親御さまにご記入頂きお持ちください。

>「保護者の同意書」ダウンロードはこちら

関連記事:ヒゲ脱毛のメリットはこちらにまとめています

執筆者:小林(店長)

脱毛歴5年の自身の経験や、数多くのお客様の施術をした経験を活かして、皆様の気になるメンズ脱毛やヒゲ脱毛に関する情報をご紹介します!
店長の詳細情報はこちら

関連記事

PAGE TOP